安全な水で変わること

安全な水へのアクセスが、貧困から抜け出す最初のステップです。

 

安全な水を得ることで、汚染された水に起因する病気への感染率が下がり、途上国の人々はより健康的に暮らせるようになります。また、水を活用し野菜を栽培して売ることで、収入を向上させることもできるのです。子どもたちは、水を手に入れるために1日の大半の時間を使う必要はなくなり、学校に通えるようになります。そして、人々は水の心配をすることなく、自分たちの生活をより良くできるよう時間を使えるようになるのです。

より詳しく知りたい方は、ホープのエチオピアでの活動を記録した短編映像「Rise of Laka」をご覧ください。